福島原発行動隊

svcmonitor.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

<   2011年 09月 ( 7 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 26日

モニタリングチーム基礎講座 はじめに

この記事は、これからはじめようとしている基礎講座の素案です、この先、加筆修正が行われますが、皆様のご意見を取り入れながら取りまとめていくことにいたします。ご意見、ご要望について、コメントくださいますようお願いいたします。

福島原発行動隊のモニタリングチームは、今後、数十年にわたって、福島県で空間線量率測定のお手伝いをする計画です。
現在、専門の知識をもつ電力会社の人たちが測定していますが、要員の数が少ないし、長期にわたって継続するには人材が不足しますので新たに人材の育成が必要です。また、測定に関して高度な技術が必要だが、これを簡単に誰でも同じ精度が得られるような方法であるとか、統一的な測定基準を作成して、モニタリングに一般参加の道を開こうとしています。そのためには、放射線と健康に関することばの意味とか、測定器の原理、操作方法などの基礎知識も必要です。これらの知識を学んでいただき、積極的な社会への参加を期待するものです。

福島原発行動隊のモニタリングチームには、チームリーダーの塩谷亘弘をトップに核物理を専門にしていた人もいますし、放射線取り扱い主任者の資格を持つ隊員が12名所属しています。この人たちに先生を引き受けていただき、当面50人規模の測定班を構成したいと考えています。初めて参加される人にも理解できるような、放射線と健康に関する、ことばの意味の解説からはじます、次に放射線測定器の原理と操作についての実習ができる環境を整えていく予定です。誰がどの測定器で測っても同じ精度で測れる方法が大切なことです、その方法論を作り上げること、場合によってはオリジナル測定器を作ることも可能だと認められます。

GM管とかHe3カウンターなどは枯れた技術で、今でも変わっていないので、私たちの技術で作ることも可能です。最近のものでは半導体検出器が利用されていますので、この部品を手に入れて作ることも可能です。放射線の検出は、市販のサーベイメーターを購入するとか、福島県から借用する方法があります。この測定器にGPS搭載のデジカメを組み合わせて、測定値を写真に取り込むことを試してみようとしています。測定する高さは地表面と高さ1メートル地点(一脚を利用)を測定します。いろんな人が持ち寄る測定器で測ることになります、それぞれの測定器が正しい結果を出すように基準になる測定器と相対比較、校正して測定します。

放射線の測定は、対象が原子の崩壊に伴うアットランダムな現象ですから、同じ場所で2回繰り返し測ってみても同じになることはほとんどありません。統計的な揺動にともなう誤差が付きまといます。このあたりの解説が必要だと感じています。測定精度について(正確度・精密度・信頼度)そして、測定器間の精度のばらつきを補正するための校正方法などの講義も必要だともいます。そのためには、基準にする(メートル原器のようなもの)電離箱式のサーベイメーターと校正比較するためのセシウム137というアイソトープ(100マイクロキュリー以下の密封線源)を用意します。同じ位置でそれぞれの測定器で測ったときの値と基準になる測定器との差を補正して現場の測定を行います。

More

by svc-monitor | 2011-09-26 11:58 | 勉強会
2011年 09月 21日

第3回勉強会用参考資料

IAEA-TECDOC-1162
Generic procedures for assessment and response during a radiological emergency
http://www-pub.iaea.org/mtcd/publications/pdf/te_1162_prn.pdf

ベクレルからシーベルトへ
http://www.gakushuin.ac.jp/~881791/housha/docs/BqToSv.pdf

by svc-monitor | 2011-09-21 13:10 | 勉強会
2011年 09月 16日

ホームページの整理をしました。

まず、見出しの名前を内容をよりよく表すように変更しました。次に、関連資料を整理し、文部科学省発表の環境放射線等のモニタリング結果が検索できるURLと、東京電力のロードマップや原子炉の状況を知るために東京電力が発表するプレスリリースのURLを上げました。この二つの玄関口から必要な情報やデータにアクセス出来ると思います。

放射線測定要員育成研修
9月9日の放射線測定要員育成研修について、9月20日発表の東電ロードマップに記述がありました。以下に引用します。
1.ステップ2の目標「計画的要員育成・配置」
  国と事業者の連携による人材育成等を推進。
  国は、「放射線測定要員育成研修」(9/9までに計5回実施。約140名受講)及び「放射線管理要員育成研修」(8/8~12で約10名受講)を実施。今後も継続予定。

この約140名の中に我々モニタリングチームの7名が含まれてます。

by svc-monitor | 2011-09-16 11:34 | お知らせ
2011年 09月 14日

「放射線測定要員育成研修」に参加

現在、モニタリング要員として50名のチームを編成し、原発から20km圏内のモニタリング作業を、しようとしています。
福島県では、1000から2000カ所の観測地点を継続して測定する計画です。さらに県内3335地点で放射線測定するという報道もあります。
線量測定1000地点超に拡大…福島県、監視強化へ

それには多くの測定員が必要であり、その作業が我々にも手伝えるようにと、未経験の人たちの教育実習を行う計画です。是非、多くの人に放射線測定要員研修を受講していただきたいと思います。

第5回放射線測定要員研修

午前中の講義では、放射線の性質と人体への影響と放射線の防護と管理基準に関しては、専門にしている人には当たり前のことではあるが、初体験の人にとってはかなり難しい問題も含まれています、私たちが初めて体験する人たちのために企画している勉強会をクリアすれば理解できるものと思われます。今後多くの人たちに、ご参加いただき、この東電主催の講習を受けられるように、進めていきたいと考えています。
予定通り講習会に参加し全員、放射線測定要員育成研修(1日コース)の終了証をいただきました。
内容は中身が濃く1日での講習としてかなり多くの内容が盛り込まれていました。

第5回に参加したコアメンバーの人たちは、これから参加されるメンバーの案内役として勉強会の講師を引き受けていただき発展させていきたいと思います。一方午後の実務講習は実際の測定作業そのものを模擬したもので、この体験は貴重なものだといえます、参加するためには多少の勉強は必要ですが、値打ちのある講習会でした、是非ご参加くださいますように。今回受けた講習会のプリントは近日ご覧いただけるように、著作権の利用に関する了解を得て開示する計画です。

防護服を着用して空気ボンベを背負って100メートルの距離を走るという内容でしたが、ボンベを背負うだけでかなり厳しい状況で100メートル走るということは遠慮させていただきました。
この講習会は今後も継続される予定なのでモニタリングチームから引き続いて参加できるようにお願いしています。次回は10月に実施される予定なので今回参加できなかった人および、希望される方々は改めて参加申し込みのご案内を近日掲載させていただきます。(2011/09/10)











平成23年9月9日(金)9時00分~17時10分
 集合時刻:8時50分
 集合場所:Jヴィレッジ内JFAアカデミー福島 男子寮「柊(ひいらぎ)」
      (福島県双葉郡楢葉町山田岡美し森8)

第5回「放射線測定要員育成研修」に下記の7名が参加いたします。
   1.塩谷
   2.伊藤
   3.西
   4.高山
   5.高比良
   6.坂本
   7.西方

   時 刻   講義・実習内容
   9:00【講 義 Ⅰ】
    放射線の性質と人体への影響(1時間)         
   10:00休  憩
   10:10【講 義 Ⅱ】
    放射線の防護と管理基準(50分)           
   11:00休  憩
   11:10【講 義 Ⅲ】
    放射線測定器の種類と特性(50分)           
   12:00昼  食
   13:00【実 習 Ⅰ】
   放射線測定器の取扱い(2.5時間)
     1.各種サーベイメータの取扱い方法 
     2.外部被ばく防護三原則の測定   
     3.表面汚染密度の測定                                       
   15:30休  憩
   15:40【実 習 Ⅱ】
   放射線防護具の取扱い(1.5時間)
     1.防護衣(タイベックスーツ)等の装着 
     2.呼吸保護具(半面マスク、全面マスク)の装着

More

by svc-monitor | 2011-09-14 09:00 | お知らせ
2011年 09月 07日

国際放射線防護委員会(ICRP 2007年更新)

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/housha/sonota/__icsFiles/afieldfile/2010/02/16/1290219_001.pdf

by svc-monitor | 2011-09-07 08:56 | 参考資料リンク集
2011年 09月 06日

モニタリングチームのメンバー募集のお知らせ

7月28日の院内集会において、行動隊の基本方針が発表され、当面の方針として、20km圏内の環境放射線のモニタリングに参画することが提起されました。この方針に基づき、モニタリングチームの編成作業を始めました。

環境放射線のモニタリングとは20km圏内の定点(現在50地点)で、放射線検出器を用いて所定の方法で環境放射線を定期的に測定する作業です。現在は電力支援チーム(各電力会社が東電に派遣している支援部隊)が行っています。

環境放射線のモニタリングは文部科学省の統括の下に全国の大学、研究機関、地方自治体の研究・検査機関、電力会社が行っています。行動隊のモニタリングチームもこの枠内で活動することになります。

20km圏内の環境放射線のモニタリングは単発的な作業ではなく非常に長期にわたって続けなければならない原発事故収束事業の中の重要な事業の一つと位置づけられます。

以下のページにモニタリングに関する参考資料およびデータを掲載してあります。

http://svc-monitoring.net

ご面倒でもこれらの資料をお読みいただき、ご経験・ご経歴から参加可能と思われる方は下記の要領でお申込みください。

なお、モニタリング事業の長期継続の必要性に鑑み、現在の行動隊員のみならず50歳以上の賛助会員の方でも将来モニタリング事業に参加するご意志をお持ちの方はその旨明記してお申し込みください。


■申込要領:以下の15項目をご記入下さい。
a0230533_214456.jpg



■申込先:sin@svc-monitoring.net


なお、モニタリングチーム(被曝の可能性のある地域で作業着を着て放射線の測定作業に従事する)の他に、これをサポートするチーム(測定作業には直接従事せず、人員配置、スケジュールの管理、被曝量の管理、物資の調達などの仕事をする)の編成も必要になりますが、このサポートチームの募集は、後日改めてさせて頂きます。



モニタリングチーム編成責任者

塩谷・伊藤・西・高橋

by svc-monitor | 2011-09-06 23:53 | 参加申し込み
2011年 09月 03日

第1回勉強会

2011/09/02 

第一回勉強会 先生:塩谷亘弘
a0230533_23534597.jpg
撮影:家森
初級の勉強会をはじめました
a0230533_0323817.jpg
誰にでも理解できるような説明をすることは、専門家にとってかなり難しいことなのです。これを克服すること及びどの程度伝わったか確かめる試行実験からはじめました。

勉強会では、原子核とそれを取り巻く電子についての説明から始まり、次いで放射線について、アルファー線、ベーター線、X銭、中性子線の性質と遮蔽について、放射能の壊変について、とか、半減期、など盛り沢山の内容でした。

次の勉強会までには、放射線のモニタリングによく使う用語の解説を作成しておく必要性を感じました。
初級篇のマンガによる解説書は好評でした。このマンガを発展させてモニタリングの説明資料にするのも一つの考え方だと感じました。

ネットで放射線の基礎を検索してみるといろんなコンテンツがあります。一例をご覧ください。

(社)日本アイソトープ協会(東京都文京区本駒込2-28-45)では
サーベイメータの基礎講習会が行われます。
平成23年10月5日(水)10:00~16:30

福島県環境放射能測定マップ
a0230533_10554979.jpg

福島県のホームページには、測定結果が公開されています。広い地域にわたって、今後数十年の長期間の観測が継続することになります、この測定を私たちモニタリングチームも参加し、お役に立てるようにしたいと思います。
現在の測定は、定点観測で、色分けで強度を示していますが、もっときめ細かく測定して、地図で使われている等高線の表現で全体の傾向がわかりやすい表現を取り入れたいと考えています。

by svc-monitor | 2011-09-03 00:27 | 勉強会